Amazon定期便に登録してある商品名一覧を表示するブックマークレット

Amazon定期便に登録してある商品名一覧を表示するブックマークレットをつくりました。

    目的

    Amazon定期便を整理したいと思っていて、過去の注文頻度を確認したくてつくったものです。

    注文履歴をCSVダウンロードしてくれるChrome拡張が存在するので、履歴自体はそちらから取得します。そこからAmazon定期便の商品だけを抽出するために、定期便に登録している商品一覧が欲しくてそこだけ自作した感じです。

    使い方

    「定期おトク便」ページ下層の「定期便商品」ページでブックマークレットを使用します。

    Amazon.co.jp – 定期おトク便情報の管理

    このような感じで商品名の一覧が取得できます。

    自分はこの商品名を使って、先程のChrome拡張でダウンロードした注文履歴CSVをフィルタリングして、購入頻度に応じて配送頻度などの設定を調整しました。(いままで、都度注文を入れ替えたりとかして煩わしかったので完全放置で月に一回届くようにしたかった。)

    ブックマークレットをブラウザに登録する方法

    以下のリンクをブックマークバーにドラックアンドドロップ。get_amazon_subscribe_items

    または、てきとうなブックマークを作った後、「編集」からURLの欄に以下のコードを登録。

    bookmarklet
    javascript:(function(){ var s = document.createElement("script"); s.src = "https://cdn.jsdelivr.net/gh/norando/get_amazon_subscribe_items/get_items.min.js";document.body.appendChild(s);})()

    おわりに

    自分自身の業務効率化は半分趣味みたいな感じで、大小含めていろんなやり方で取り組んでおります(今回は業務というか生活のものですが)。

    こまごまとしたものでも、業務フローを技術で改善して効率化したいというご要望があればお仕事でも承れますので、お気軽にご相談ください。

    シェア
    広告
    野良人 代表
    新免祥太
    1988年岡山生まれ。外食企業のWEB・EC担当を経験したのち、2013年12月より「野良人(のらんど)」の屋号で独立しWEBデザイン・プログラミングなどWEBサイト制作の工程全般を請け負っています。お気軽にご相談ください。
    <次の記事(2020/04/07)
    Adobe Premire ProのエラーでNVIDIA GeForceドライバを更新したメモ
    前の記事>(2020/02/17)
    gulpのbrowsersyncでShift-JISファイルのオートリロードがうまく効かない時の対応
    記事一覧