SSL対応をやりました

ものすごく今更なんですが、当サイトのSSL対応をやりました。なんやかんやで後回しにしていたものです。だめですね。

    Netowlからエックスサーバーへ

    レンサバです。Netowlのminibird(現スターサーバー)というワンコイン系のサーバーを使っていました。初めて契約したサーバーで、良く分からないなりに調べて安いところで借りた気がします。大したアクセスもないので十分さばけたし、まぁまぁ安定して良いサーバーでした。現在はminibirdが新規受付を終了し、後継のスターサーバーにサービスが移行中です。

    で、サーバー契約の更新に伴い、後継のスターサーバーへの移行も検討しましたが、SSH使いたいし既にアカウントを持っているエックスサーバーにひとまず引っ越しました。またどっかに移すかも。

    Local by Flywheelが便利

    WordPressの開発環境にはLocal by Flywheelを使っています。以前はxamppでしたが、既存サイトも順次移行しています。このサイトもSSL化作業を機に移行しました。

    ワンクリックでローカル開発環境をSSL化

    SSL移行前に開発環境で混在コンテンツの確認とかできて便利。

    WP-CLIでDBの置換もコマンド1行

    同梱のWP-CLIでコマンドを1行叩けばDBの置換(http→https)が完了するので便利。

    SSL化は必須!

    自分のサイトを対応させたのでようやく人に言えますが、今後は非SSLサイト閲覧時にブラウザから警告が出るようになるなど、SSL必須の時代がアレしてきます。ので、まだのサイトは早めに対応しておきましょう。

    …と、言いつつ他に運営しているサイトはまだhttpのままになってるので、今月中くらいを目標に順次対応させていこうと思います。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    広告
    野良人 代表
    新免祥太
    1988年岡山生まれ。外食企業のWEB・EC担当を経験したのち、2013年12月より「野良人(のらんど)」の屋号で独立しWEBデザイン・プログラミングなどWEBサイト制作の工程全般を請け負っています。お気軽にご相談ください。
    <次の記事(2018/04/20)
    レンタルサーバ初心者講座②「SSLについて」に参加しました
    前の記事>(2018/04/03)
    【AMP対応】CSSのみでアニメーションするアコーディオン
    記事一覧