ノラWEB屋 野良人(のらんど)- 個人営業のWEB屋さん

WordBench大阪 2月「Github を使ったワークフロー」に参加しました

2018年2月25日

WordBench大阪 2月「Github を使ったワークフロー」に参加してきました。

これです↓↓

WordBench大阪 2月 Github を使ったワークフロー

最近(今更?)Github使いこなせるようになろうと思っていて、ちょうどいいタイミングでこのテーマで開いて頂いたので申し込みました。キャンセル待ちだったけど繰り上がって参加できて良かった。

    Githubを覚えようと思った理由

    業務フロー改善の必要性

    Gitは以前Bitbucketでちょっと使ってたけど、基本的に個人開発なので共同作業する機会もほとんどなく、あんま使いこなせないまま結局使わなくなっておりました。

    しかし最近は複数のWordPressサイトで共通のテーマやプラグインをいじって最新版がどのサイトのものか分からなくなったり、WordPress以外でもバージョン管理とか業務フローを改善しないとしんどいような状態が出てきたりして、そろそろ本格的に使いこなさねば、というのを感じております。

    要は個人でもGit管理必要だなあと思うようになったということ。

    コードを公開していきたい

    この本の著者人が色々語っている動画のシリーズを最近よく聞いて勉強させてもらっているんですが、この中で「コードを公開してフィードバックを得ていかないと成長はないし品質も落ちる」みたいなことが指摘されていて、なれはなるほどなー、と。

    とくに自分は個人でやっているので、同僚や上司などからレビューを受ける機会もないし、クライアントも技術者ではないことのほうが多いので、コードに関するフィードバックはほとんど無い状態なのです。

    だもので、あわよくばフィードバックが得られるよう公開できるものはGithubなどに上げていこうと思います(まぁどうせ、しょーもないプラグインとかなので、公開したところで使ってもらえるか、人の目に触れるかというのは疑問ですが…)。

    以下はイベントのメモメモです。

    セッション1:Git と Github の使い方ハンズオン

    • コマンドラインからGitを操作するハンズオン
    • なんかエラーもチョコチョコでたけど易しい解説で分かりやすかった。
    • さいごにプルリクを送る練習でセッションの感想を送るところに自分用に書き付けておいたエラーメモを送り付けるという、よーわからんことをしてしまった。

    ハンズオン中に発生したプッシュできないうエラーと解決策(Win環境)

    エラー文
    Your push would publish a private email address
    

    Githubのsettings/emailsで「Keep my email address private」に入っていたチェックを外したら解決

    エラー文
    fatal: Unable to create 'C:/path/to/.git/index.lock': File exists.
    

    .git/index.lockの削除で解消

    ▼参考

    Gitでcommitとpull時にindex.lockのエラー – Qiita

    ▼.gitフォルダの表示

    隠しファイルおよび隠しフォルダーを表示する方法(Windows 10/8.1/8/7/Vista/XP)

    セッション2:Githubを使ったワークフロー

    • git/FTP/SVN いろいろあるけどGithubはいいぞ
    • Gitのメリットはラクさではなく業務フローの改善といった管理面
    • レンサバもGitが使えるとGit経由でアップ(さくら・エックスサーバー・etc)
    • issue:コミットと紐づけできるので分かりやすく管理しやすい
    • プロジェクト管理便利そう
    • タスク管理ツールは便利なので、Githubじゃなくても何か導入するとよい。ex)trellobacklog
    • ※顧客にはチャットワークユーザーが多いので、とりあえずチャットワークのタスク管理機能から使ってみようかな…?

    セッション3:Ionic

    この本の著者の榊原さんのセッション。

    • 話には聞いていて気にはなっていた(Amazonカートの後で買うリストに入ってる)
    • WordPress.comみたくホスティングしてくれるサービスはスケールしてくれるしラク
    • WordPressをAPIとしてつかう
    • WordPress開発してるレベルだと、Ionic開発は本読んだらすぐできるレベルではない…が、同じことをゼロから開発する何土が100だとしたら5とか10くらいにはしてくれるので勉強してみて。
    • 気になるワード:REST API/PWA/ライブリロード
    • Amazonのなか見検索でめっちゃ読めることに気付いたので、とりあえず後でゆっくり読む。

    まとめ

    • 風邪っぽいのを押して行ったけど(帰ってから微熱出たけど)行った価値あった。
    • Gitの使い方っていうか、業務フロー改善全般の知見を得たというか雰囲気を感じられた気がする。
    • WordCampOsaka2018面白そうなのでぜひ行きたい。
    • 懇親会いけなかったので交流らしい事ができなかったのは残念。
    このエントリーをはてなブックマークに追加