2018/06のブックマーク・読んだ本など

今更ながら6月の振り返りです。内容が薄いので6月は薄かったのでしょう…。

    参考にしたブックマーク

    更新したブログ

    読書メモ

    Q&Aで学ぶGDPRのリスクと対応策(中崎 尚)

    • WordCampOSAKA2018で三好さんがおすすめしていた一冊。
    • 読者の直面しているシーンに合わせて、必要な情報を解説している章が案内されていてわかりやすい。「上司から、GDPR対応を早急に行うように指示を受けて、すぐに対応策を知りたい方」「GDPRが貴社の日々の業務にどう影響するか知りたい、という方」「モデルケースごとに、GDPRがどのように適用されるか、あてはめのやり方を見ておきたい方」など。
    • とりあえずざっと読んだ感想としては、EU域内と取引があったり、WEBサイトも欧州向けのものを公開していない限り、自分が関わっているような国内の業務に関しては特に影響はなさそう。
    • とはいえきちんとした知識を入れておけば、GDPRを盾にした詐欺やスパムの類には適切に対応(無視など)できそう。

    先生、子リスたちがイタチを攻撃しています! 鳥取環境大学の森の人間動物行動学(小林 朋道)

    • 動物がすごい好きなおじさんの動物話をたっぷり聞かされた、みたいな読後感を得られる。読みやすくてよい。
    • 生態や実験の詳細よりも、なぜその実験をやるにいたったか、とか、なぜその生物に取り組んだのか、みたいな話と、先生がどういう気持ちや考えで動物と接しているか、といった話が中心。
    • 教授になる以前、高校の先生をしつつ実験をして論文を書いてたくだりがサラッと書いてあったけど印象深い。趣味でやってるわけで…。
    • 生き物に対する愛が感じられてよい。この手の学者の本では、サクッと解剖したり標本になったりすることが稀によくあるが、本書ではキャッチ&実験&リリースが基本。

    あたらしいWebマーケティングハンドブック

    • 大半は基礎的なマーケティングの解説で、新しくはない。まーそれが全部完璧にできてるかというと、そうではないので、こういう機を捉えて都度省みるのは大事。
    • トリプルメディアという「切り口」が新しければ、既存の理論でも新しいものになるという点がなるほど感。
    • アーンドメディア≒PR ブログ、ソーシャル、レビューなどにいかに取り上げてもらうか。金を払ってAmazonレビューを書いてもらう話を聞いたが、こういう戦略を間違った方にこじらせるとそういうサクラマーケティングに手を染めてしまうのだろう(本書でその手の方法を推奨しているわけではない。念のため)
    • 人が語りたくなる物語を用意できるか(例:Appleにおけるジョブズ)
    • インフルエンサーや、取り上げられたい媒体達がどのようなネタに敏感か研究する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    広告
    野良人 代表
    新免祥太
    1988年岡山生まれ。外食企業のWEB・EC担当を経験したのち、2013年12月より「野良人(のらんど)」の屋号で独立しWEBデザイン・プログラミングなどWEBサイト制作の工程全般を請け負っています。お気軽にご相談ください。
    <次の記事(2018/07/18)
    SIRIUS(シリウス)のテンプレートカスタマイズのための開発環境
    前の記事>(2018/06/18)
    WordCamp Osaka2018レポート 当日スタッフとして参加してきました!
    記事一覧