WordPress開発環境「Local」5.XでのSSHログインメモ

最近、WordPress開発環境の「local by flywheel」(バージョン3.X)から「Local」(バージョン5.X)に乗り換えを進めています。

この記事では「Local」で「Open Site Shell」を使ったSSHログインと、その際の戸惑ったポイントを紹介します。

    SSHログイン

    画面サンプル

    ▲サイトを右クリックして「Open Site Shell」

    3.Xでは「Open Site SHH」だったのが微妙に変わっています。この点については下記参照。

    Open Site Shell vs Open Site SSH? – Support – Local – Community

    Cドライブのユーザーディレクトリ直下になる?

    ログイン時点の挙動も以前と異なり、windows環境でサイトデータをDドライブに配置してある場合、そのままではC:\users\username(またはC:)が開いてしまいます。

    ちょっと混乱しましたが、ここからD:と入力してEnterキーを押すと、サイトのpublicに移動できました。あとは好きにコマンドで作業。

    Open Site Shell drops me into the wrong Windows folder – Support – Local – Community
    シェア
    広告
    野良人 代表
    新免祥太
    1988年岡山生まれ。外食企業のWEB・EC担当を経験したのち、2013年12月より「野良人(のらんど)」の屋号で独立しWEBデザイン・プログラミングなどWEBサイト制作の工程全般を請け負っています。お気軽にご相談ください。
    <次の記事(2020/08/17)
    Stripeの仕様を把握する
    前の記事>(2020/07/25)
    クラウドストレージの競合ファイルをまとめて削除するバッチファイル
    記事一覧