【WordPress】プラグインのパスやURLの取得関数の出力結果出し比べ

WordPressプラグイン開発にあたって、パスやURLの取得に関する関数はいくつかありますが、違いがややこしいので確認した結果をメモしておきます。適宜使い分けませう。

    ちなみに戻り値を確認するためのコードを書いたので、無駄にプラグイン化して謎に公開しました。

    以下、「hanage_daimajin」というプラグインで各関数の戻り値を表示させた結果です。

    なお、ファイル構成はこのようになっております。

    関数のテストプラグインのファイル構成

    plugin_dir_path( __FILE__ )

    ファイルが置いてあるディレクトリのサーバーのパスが返ります。

    /app/public/wp-content/plugins/hanage_daimajin/

    下層ディレクトリの場合

    /app/public/wp-content/plugins/hanage_daimajin/test/

    plugin_dir_url( __FILE__ )

    ファイルが置いてあるディレクトリのURLが返ります。

    http://localhost/wp-content/plugins/hanage_daimajin/

    下層ディレクトリの場合

    http://localhost/wp-content/plugins/hanage_daimajin/test/

    plugins_url( __FILE__ )

    ファイルのURLが返ります。

    http://localhost/wp-content/plugins/hanage_daimajin/index.php

    下層ディレクトリの場合

    http://localhost/wp-content/plugins/hanage_daimajin/test/test.php

    plugins_url()

    引数を省略するとプラグインディレクトリのURLが返ります。

    http://localhost/wp-content/plugins

    下層ディレクトリの場合も同じ

    http://localhost/wp-content/plugins/hanage_daimajin
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    広告
    野良人 代表
    新免祥太
    1988年岡山生まれ。外食企業のWEB・EC担当を経験したのち、2013年12月より「野良人(のらんど)」の屋号で独立しWEBデザイン・プログラミングなどWEBサイト制作の工程全般を請け負っています。お気軽にご相談ください。
    <次の記事(2018/10/29)
    エックスサーバーにTeraTermでWindowsからSSH接続する
    前の記事>(2018/10/16)
    SVG画像がflexboxやfloat要素内で表示されない場合はサイズ指定が必要
    記事一覧