local by FlywheelでWP-CLIからエクスポートしたDBが見つからない時の対処法

WordPressのローカル開発環境構築ツール「Local by Flywheel」でCLIを使ってコマンドからDBをエクスポートする方法の備忘録です。

    エクスポートしたはずのファイルが見つからない

    WordPressサイトをローカル環境から本番環境にコピーする際など、Local by FlywheelでWP-CLIを使ってDBをエクスポートして使いたい機会はあるんじゃないでしょうか。普通にやろうと思うと、以下の手順で行っちゃうのではないかと思います(自分はこうでした)。

    • 右クリックで「Open SSH」を選んで黒い画面を開く
    • wp db exportコマンドを実行

    ところがこうすると、コマンド上はエクスポート完了!と得意気に告げられるものの、どれだけ探しても肝心のsqlファイルが見つからないという状況に陥ります。

    解決方法

    公式フォーラムで回答されていました。

    Exporting database through CLI (wp db export) – Support – Local by Flywheel
    • 右クリックで「Open SSH」を選んで黒い画面を開く
    • cd /app/publicでディレクトリを移動
    • wp db exportコマンドを実行

    最初に/app/public以下のディレクトリに移動しておくことがポイントのようです。あるいは、rootから実行する場合は以下のコマンドでも問題なく出力されました。

    wp db export /app/public/filename.sql
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    広告
    野良人 代表
    新免祥太
    1988年岡山生まれ。外食企業のWEB・EC担当を経験したのち、2013年12月より「野良人(のらんど)」の屋号で独立しWEBデザイン・プログラミングなどWEBサイト制作の工程全般を請け負っています。お気軽にご相談ください。
    <次の記事(2019/02/24)
    Local by Flywheelの動きが重たい時の設定
    前の記事>(2019/02/24)
    エックスサーバーにWP-CLIをインストールする
    記事一覧